よくある質問

ハーレーIIに関するご質問

Q. ハーレーIIが7年間も使えるのは何故ですか?

A. ハーレーIIは、【本体に316Lの美しく耐久性の高いステンレス】【ホースの素材に安全で耐久性に優れたシリコーン】【ろ材にハーレー社独自の1000℃以上で高熱精製されたグラニューラ活性炭】を使用しています。
このような耐久性に優れた素材のみを厳選し、活性炭を最大限に活かす独自のオーバーフロー通水システム、お湯で内部を洗浄殺菌するバックウォッシュシステムにより衛生的に目詰まりすることなく高性能を約7年間維持できます。
1969年の発売以来、40年を超えるロングセラーの理由がここにあります。

 

Q. どうしてお湯で活性炭の能力が回復できるの?

A. 有機化学物質は、分子レベルで水に溶解しています。多孔質の物質である活性炭が分子間の引力で磁石のように引っ張り、微細な孔に有機化学物質を吸着します。これがハーレーIIの活性炭による吸着除去なのです。
一方、カルシウムなどのミネラルはイオンとして存在するため、活性炭には吸着されないので、水中に残ります。
水は温度が高くなると水分子の動きが活発になり、100℃に達すれば沸騰して蒸発します。
水の時は活性炭に吸着されていた有機化学物質は、お湯だとエネルギーの高くなった水の分子のほうに強く引っ張られて(物質が溶けやすくなる)、活性炭表面の汚れ(有機化学物質)を洗い流すことができます。
ハーレーⅡは接着剤・粘結剤・界面活性剤・防腐剤・抗菌剤を使用していないため、それらの化学物質が溶け出す心配がないのでお湯を通すことができるのです。
性能維持のために1週間に1回のバックウォッシュを行ってください。

 

Q. どうしてハーレーIIはお湯を通せるの?

A. 一般にカートリッジ式の浄水器には、中空糸膜をはじめとするプラスチック製部品が多く使われています。プラスチックは、熱に耐えられない素材ですので、お湯を通す事ができません。
ハーレーIIがお湯で洗浄できる理由は、中空糸膜や接着剤、粘結剤、界面活性剤、防腐剤、抗菌剤も不使用なので化学物質が溶け出す心配がなく、7年間の使用に耐えられるように、耐熱性・耐久性の高い素材で作られているからです。

 

Q. ハーレーIIは、なぜ中空糸膜やセラミックを使っていないのですか?

A. 中空糸膜やセラミックフィルターは、0.2ミクロン以上の水の中の固形浮遊物(細菌も含む)を取り除くろ材です。それより小さい分子レベルで溶解した有機化学物質を除去することはできません。問題とされている塩素・トリハロメタン・環境ホルモンなどは、分子レベルの水質汚染物質で、それらを除去するのは活性炭の働きによるものです。
ハーレーIIは、お湯を洗浄殺菌してカビなどの雑菌を殺菌します。細菌対策としての中空糸膜フィルターは必要なく、できるだけ大量の活性炭で水質汚染物質を除去する構造となっています。

 

Q. ハーレーIIは、アルカリイオン整水器とは違うの?

A. 全く違います。アルカリイオン整水器は、水道水を電気分解によってアルカリと酸性の水にわけ、アルカリ水だけを飲む、という考え方のものです。
しかし、アルカリ性の水(アルカリ性食品も同様)を取り込んでも生体のpHは変化しません。そう簡単に変化してしまっては、生体の恒常性が維持できないのです。最近はアルカリイオン水に疑問を持つ人が増えたこともあり、基本的な作り方は同じなのですが、還元水や活性水素水という名前で販売されているようです。
また水道水で一番問題となる汚染物質などの除去能力は低く、浄水器にはかないません。ハーレーIIとアルカリイオン整水器とは、根本的に考え方が違うのです。
人間の身体にとって「よい水」とは何か。それは、「有害汚染物質を取り去った自然な水」です。ハーレーIIは、人間が加えてしまった有機化学物質を取り去り、自然のミネラルをそのまま活かす、つまり、もとの自然で安全な水に戻すための浄水器なのです。

 

Q. 他の浄水器とどこが違うの?

A. 一般的に浄水器は定期的に中のカートリッジ(ろ材など)を交換しながら使用します。1カ月、3カ月、中には1年間使用して交換するタイプの浄水器もあります。使えば使う程、浄水器の中に汚れをためていきます。汚れがたまると活性炭の表面積はふさがれ、吸着除去性能は落ちていきます。浄水するたびにその汚れたカートリッジの中を水が通過していくことになるわけです。
「暮しの手帖」の商品テストによると、最初のうちはある程度の性能をもっていたとしても、カートリッジ交換時期には、浄水能力はゼロであるという機種がほとんどです。しかも、たまった汚れを餌にして、雑菌が繁殖していきます。1年も使ったカートリッジの内部は赤カビや黒カビなどが繁殖しているケースもあります。
ハーレーII が他の浄水器と違う点は、カートリッジの交換が7年間必要ないという事です。性能もトリハロメタン、農薬、有機溶剤などの有機化学物質をしっかり除去し、しかもその高性能が落ちることなく7年間維持できることです。
 
なぜ、約7年間カートリッジの交換の必要がなく、能力が落ちず、雑菌の心配もないのでしょうか。
それらの浄水器の宿命といえる3つの問題を解決したのが、逆流洗浄(バックウォッシュ)なのです。
洗浄殺菌(バックウォッシュ)とは、約60℃のお湯を逆流させ内部を洗浄することです。週に一度約60℃のお湯を5分間通して洗浄し、お湯を止めて15分間蒸らします。お湯によって内部を洗い流すことで、活性炭の性能を回復し、殺菌し、さらに目詰まりも解消します。毎週カートリッジを新しく交換していることと同じことになります。

PAGE TOP